So-net無料ブログ作成
検索選択

【3月の伊丹遠征の記録カットから】 日本航空 ボーイング767-346 JA8397@大阪国際空港 【2013年3月9日撮影】

こんばんは。

週の真ん中、水曜日。今週も、大変ありがたいことに、週6日出勤です。



さて、本題の前に、まずは、こちらのお話から…。

今日・5月22日はというと……自立式電波塔として世界一高い東京スカイツリー東京都墨田区)が、開業から1周年を迎えました。

1周年直前の一昨日(20日)には、展望台「天望デッキ」(高さ350メートル)の来場者が、ツリーの高さ634メートルにちなんだ634万人に達しました。

開業からちょうど一年……いやホント、月日が経つのは、早いものですな。

ちなみに、私のほうはまだ一度も東京スカイツリーに行ったことは無いのですが、いつかは家族で、行ってみたいものですね。



【関連記事】 いずれもMSN産経ニュースより。

東京スカイツリー開業1周年 ※22日11時35分配信。

スカイツリー天望デッキ634万人突破 1周年目前で ※20日10時42分配信。



で、東京スカイツリーといえば…

航空会社とのコラボレーションで生まれた旅客機も、運航されておりましたね。その当時の記録カットを、改めて、ご覧頂きましょう。 ↓



[JAL×Tokyo Skytree] Japan Airlines (JAL) 777-200 JA8978 landing @ Haneda RWY34L [20120513_1020]
http://www.youtube.com/watch?v=ZbsEXcHbz70

HD版はこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=ZbsEXcHbz70&hd=1



そうです。日航と東京スカイツリーとのコラボレーションで生まれ、期間限定で運航された『JAL×東京スカイツリージェット』です(機番=JA8978、型式=ボーイング777-246)。

ご覧頂いているのは、2012年(平成24年)5月13日に浮島町公園(神奈川県川崎市川崎区)で撮影した、RWY34Lへの着陸シーン。

私のチャンネルでスカイツリージェットの記録カットをアップしたのは、この1本のみですが、お手本ともいえるべき『どアップフォロー』で、機体後部のラッピング部分を大写ししております(勿論、尾翼の鶴丸も上端から下端までフォロー)。

ま、このスカイツリージェットですが、デザインに関しては、賛否両論だったみたいですね。ただ、このようなラッピング機が登場するというのは、私としては、イイことかと。

その上、現行の鶴丸塗装になってからは、機体(特に機体後部)にいろいろなラッピングが施されて運航される機会が、物凄く増えてきているような気がしますし…。

※『嵐ジェット』然り、『東京五輪招致ジェット』然り。このほかにも、いろいろありましたが。

私のようなプレーンスポッター(言い換えれば、飛行機撮影家?)としても、いろいろ楽しみが増えるので、ホント、イイことだと思いますよ。

しかしながら、ここ最近は週6日出勤が基本なので、ほとんど空港に出撃できておりません。尚且つ、今後の出撃予定は、今のところ、ございませんので(今月はもう出撃しません)。ってか、まずは、何よりも、今現在の仕事が最優先でしょ?

日々の仕事をキッチリこなし、然るべき時期に息抜きしたくなったら、空港へ出撃すればイイ……という話ですから。



日本航空 JA8397@大阪国際空港(伊丹スカイパークより)。RWY32Lへのファイナルアプローチ。市街地をバックに…。



JA8397・タッチダウンの瞬間。



JA8397・機体前方のアップ。前輪がタッチダウンする寸前のキャプチャ。



JA8397の尾翼。



『お・し・り』!!



前書きが長くなりましたが、今夜は、今年3月の伊丹遠征の記録カットから、こちらの旅客機の動画を紹介いたします。伊丹ベースのナオさんセッションさせて頂いた時に撮影したものです。ぜひ、ご覧になってくださいね。





Japan Airlines (JAL) Boeing 767-300 JA8397 landing @ Itami RWY32L [March 9, 2013]
http://www.youtube.com/watch?v=Y6AyRzNAiQI

HD版はこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=Y6AyRzNAiQI&hd=1



伊丹スカイパークから撮影した、RWY32Lへの着陸シーン。朝9時半頃に撮影した、羽田(東京国際空港)からのJL107便です。

で、この日の伊丹はほぼ一日を通して晴れ渡ったものの、朝から物凄くガスっておりまして…

ご覧頂くとわかるように、本動画の撮影時も、ガスっている状態の中での撮影となってしまいました。

かと言って、せっかく伊丹まで遠征したというのに、ここで撮影しないわけにはいきません。

これはもう、ある意味、当然のお話ですけれども、何も撮影しないまま東京に戻ってしまうと「何のための撮影遠征だったのさ!?」と、各方面からこっぴどく叱られますからね。

それと、もう一点。余程の荒れ模様や緊急事態で無い限り、撮影機材をセットしたからには、目標となる機体を、キチンと撮らなくてはなりません。これもまた、何度も書いていることです。



ちなみに…

すでにご存知の方も多いと思いますけれども、ボーイング767-300型機(標準型)は、日航がローンチカスタマーとなりました。

初期に導入された同社の763は、かつて保有していた747クラシック(ボーイング747-146シリーズ、747SR-46、747-246B、747-246Fシリーズ、747-346、747-346SR)と共通となっている高バイパスターボファンエンジン=プラット・アンド・ホイットニー製のJT9D-7R4Dエンジンを装備しているわけですけれども…

今回アップしたJA8397は、JT9Dシリーズの生産終了に伴い、ゼネラル・エレクトリック(現 GEアビエーション)製のCF6-80C2シリーズを、新たに装備するようになりました(※型式=CF6-80C2B4F)。

このエンジンは、かつて保有していたダッシュ400シリーズ(ボーイング747-446、747-446D(国内線専用機)、747-446F(BCF含む))のものと共通ですけれども、CF6-80C2シリーズを装備した同社の763は、このJA8397が最初となりました。

これ以降、同社の763は、すべて、CF6-80C2シリーズを装備することになりました(航続距離延長型の767-346/ERや、かつて運航されていた貨物型の767-346F/ERを含みます)。

また、JA8397は、1994年(平成6年)8月に導入され、翌年12月までは、特別塗装機『JALドリームエクスプレス』のうちの一機として、活躍しました。

その後、太陽のアーク塗装を経た後、昨年5月に、新鶴丸塗装へと切り替えられました。

あと、これは余談ですが、JA8397と同時期に導入されたJA8398やJA8399(いずれも国内線仕様、元『JALドリームエクスプレス』)も、現行の新鶴丸へと切り替えられ、今現在も活躍中です。

その一方で、太陽のアーク塗装の機材も、できる限り、今のうちにシッカリ撮影し、尚且つ、YouTubeにアップしていきたいところですね…。





ということで、今夜は以上です。合掌……ありがとうございました!





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Powered by NINJA TOOLS

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。