So-net無料ブログ作成

JTAの新塗装機(鶴丸)を含む3機をアップ! ~2012年1月29日のアップロード~

今日の東京の最高気温は6度……昨日同様、風も強く、身も心も凍てついてしまうくらいの寒さでした。

今週の金曜日まで、厳しい寒さが続くみたいですけれども、引き続き、火の元・体調管理には、くれぐれもお気をつけくださいませ。





日本トランスオーシャン航空 JA8524@東京国際空港(浮島町公園より)。RWY34Lへのファイナルアプローチ。



JA8524・機体前方のキャプチャ。機首部分には「うちなーの翼」のロゴ、搭乗口には「でいご」の花のイラストが、それぞれ描かれております。



JA8524・機体後方のキャプチャ。JTA機の新塗装も、尾翼は鶴丸……ま、太陽のアークよりは、断然、鶴丸のほうがマシなんだけどね。



まもなくRWY34Lに着陸する、JA8524。





さて、今夜は……旅客機動画2本、貨物機動画1本、計3本アップしてまいりました。

表題のとおり、JTAの新塗装機(鶴丸)も、アップしております。





その前に、まずは……成田国際空港での記録カットを2本。いずれも2011年10月29日に撮影したものです。





ルフトハンザ ドイツ航空 エアバスA380-841 D-AIMB
http://www.youtube.com/watch?v=-1jhi18zgdo


HD版(1080p対応)↓
http://www.youtube.com/watch?v=-1jhi18zgdo&hd=1



いつもとは変わった撮り方です(@RWY34Lエンド)。冒頭は広角にし、昇る朝陽をバックに、34Lへアプローチしてくる機体をフィックスで撮っていき…

そして、機体がだんだんこちら側に近づくにつれ、こちらのほうも、だんだんと機体に向かってズームアップしていく、という感じです。

もちろん、パン・ズーム操作の際は、機番をシッカリ読み取りつつ、且つ、原則的には、巨大な尾翼も、上端から下端まで確実に写し撮ることを心掛けつつ…。

ただ、撮影時は結構、ガスっていたんですよね。そのため、本来ならば北側に映る筑波山が、まったく見えませんでした。

本動画のようにガスっていなくて、視界がクリアであれば、素晴らしい画になっていたかも知れないんですけどねえ…。



余談として…

同社のA380の導入2号機である「D-AIMB」を撮影したのは、この日が初めてでした。





日本貨物航空 ボーイング747-481F/SCD JA03KZ 【NCA フェニックス】
http://www.youtube.com/watch?v=HQn3dsUam-c


HD版(1080p対応)↓
http://www.youtube.com/watch?v=HQn3dsUam-c&hd=1



さくらの山公園での定番カットのうちのひとつ、RWY34L上がりの迎え撃ちです。

ここ最近は、若干引き気味に撮っているのですが、それでも、機番をシッカリ写し撮ることができるよう、アップで撮っております。

で、原則的には、どアップであっても、尾翼をキッチリ写し撮ることが重要なのですが、本動画のような場合は、わざと尾翼を切ってしまうこともあります。

が、その一方で、これだけはキッチリやらなければならない、という点があります。それは…



「ノーズギア(前脚)・メインギア(主脚)……つまり、ランディングギアが胴体に格納される瞬間を、どアップでキッチリ写し撮ること」



です。

そのうち、特に重要なのは、メインギアが格納される瞬間です。

これは、航空機(特に民間の旅客機・貨物機)動画ならではの迫力あるシーンを撮る上での重要なポイントのひとつにもなっているのです。

本動画のような、反対側から離陸する機体を迎え撃つ場合は、ランディングギヤが格納される瞬間をどアップで撮ったほうが、カッコイイでしょ?

どアップで撮影すると、広角時よりもブレブレになったり、今フォローしていた機体そのものを見失ってしまう……という危険性はありますけれども

普段の撮影よりもさらにカッコよく撮る……つまり、この場合で言うと「どアップでカッコよく撮る」ためにはもう、何度も何度も同じような撮り方をし、鍛えていかなければならないのです。

今書いたような、どアップ・フォロー時の欠点を低減させるために、常時引いて撮るというのは、私としては、面白くないと思っております。





日本貨物航空 JA03KZ@成田国際空港(さくらの山公園より)。RWY34L上がりの迎え撃ち……エアボーン直後のキャプチャ。



エアボーン直後、急上昇するJA03KZ。










そして…

昨日、東京国際空港(浮島町公園)で撮影した、JTAの新塗装機もアップいたしました。今夜のイチオシ動画にもなっておりますので、ぜひともご覧頂きたいものです。





日本トランスオーシャン航空 ボーイング737-4Q3 JA8524
http://www.youtube.com/watch?v=Wry3VJ6JyT8


HD版(1080p対応)↓
http://www.youtube.com/watch?v=Wry3VJ6JyT8&hd=1



昨年7月に就航を開始した、JTA新塗装のJA8524。

同社の保有機としては初めて、JALグループの象徴である鶴丸を尾翼に描いた新塗装を纏った機体でもあるわけですけれども…

同社の新塗装は、同社の前身・南西航空時代を意識したデザインとなっているのが特徴です。

ご覧頂くとわかるように、機首部分には「うちなーの翼」のロゴが、搭乗口(左右前方・計2箇所のドアのみ)にはでいごの花のイラストがそれぞれ描かれております。



◎関連リンク ⇒ 「JTA、新デザイン機就航」(PDF注意)



鶴丸が描かれた同社の新塗装、未だに賛否両論はあるかと思いますけれども、私のほうは、結構気に入っております。

「うちなーの翼」ロゴ、でいごの花のイラストが、素晴らしいアクセントになっているでしょ?



で、実は、昨年7月に、新塗装になったばかりのJA8524を撮影しております(この日が初撮影)。

参考までに、その時の記録カットも掲載しておきます(@浮島町)。↓
http://www.youtube.com/watch?v=BAOf7isWsyE




ご覧のように、ドン曇りの中での撮影となったわけですけれども、「撮る時はキッチリ撮る!」……これはもう、鉄則です。










ということで、今夜は以上です。





【追記】

明日の航空関連動画のアップロードは、1本のみといたします。





nice!(2) 
共通テーマ:blog

nice! 2

Powered by NINJA TOOLS